オートサービス事業部


AED設置支援

画像:AED設置支援

全国各都道府県では行政とSSとが「災害協力協定」を結び、 地域住民の安全で、安心できる生活に貢献しようとしています。

SSは消防法の厳しい耐震基準、防火基準をクリアして建設されています。 阪神淡路大震災や中越沖地震の時には、倒壊や火災など大きなダメージを受けたSSはなく、 むしろ周囲の延焼を食い止めたり、多くの人の避難所やライフラインとして活躍しました。

SSは大きな地震や災害の時には「救急ステーション」として避難者や帰宅困難者を支援する役割を担っています。

当事業部もその社会貢献事業に取組んでいます。

AEDってなに?

AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動) になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。 2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、 空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。 AEDは、操作方法を音声ガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。

また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、 電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっているので、安心です。

最近では、一般市民の方がAEDを使用して救命した事例も増えてきました。

ページトップへ


Copyright © ebistrade. All Rights Reserved.